contos 7 / uim-xim / skk / 日本語入力 を 導入

centos 7 の xrdp環境を構築する手順はこちら >>

xrdp環境 centos 7 の xterm ターミナルで 日本語入力環境を整えます。 vim で利用することを考えて uim-skk を導入していきます(Anthyも良いかも、未確認)
wmは、iw-3mです

centos 7 では、標準リポジトリに日本語入力のパッケージがないので他環境のrpmを拝借します
http://rpm.pbone.net/ から 必要なrpmを探してinstallします
参考サイトでfedora 19で動いた報告ありましたので、参考にさせて頂きます

日本語入力時に、uim-fepを起動しないと行けない環境ですが、もっと良い方法あれば参考にさせてください
ubuntuとか使ってるとき、わざわざuim-fep起動しないですもんね、ちょっと設定足りない?

http://rpm.pbone.net/ から検索し、必要なPackageをDownload

wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/archive.fedoraproject.org/fedora/linux/updates/19/i386/skkdic-20131114-7.T1121.fc19.noarch.rpm
wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/archive.fedoraproject.org/fedora/linux/releases/19/Fedora/x86_64/os/Packages/l/libgee06-0.6.8-1.fc19.x86_64.rpm
wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/archive.fedoraproject.org/fedora/linux/releases/19/Everything/x86_64/os/Packages/l/libskk-1.0.1-1.fc19.x86_64.rpm
wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/archive.fedoraproject.org/fedora/linux/updates/19/x86_64/uim-skk-1.8.6-1.fc19.x86_64.rpm
wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/archive.fedoraproject.org/fedora/linux/releases/19/Everything/x86_64/os/Packages/l/libgcroots-0.2.3-5.fc19.x86_64.rpm
wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/archive.fedoraproject.org/fedora/linux/releases/19/Everything/x86_64/os/Packages/e/eb-4.4.1-6.fc19.x86_64.rpm
wget ftp://ftp.pbone.net/mirror/archive.fedoraproject.org/fedora/linux/updates/19/x86_64/uim-1.8.6-1.fc19.x86_64.rpm

skkを導入、Packageを順序にInstallしていきます。

yum localinstall skkdic-20131114-7.T1121.fc19.x86_64.rpm
yum localinstall libgee06-0..8.-1.fc19.x86_64.rpm
yum localinstall libskk-1.0.1-1.fc19.x86_64.rpm
yum localinstall uim-skk-1.8.6-1.fc19.x86_64.rpm
yum localinstall libgcroots-0.2.3-5.fc19.x86_64.rpm
yum localinstall eb-4.4.1-6.fc19.x86_64.rpm
yum localinstall uim-1.8.6-1.fc19.x86_64.rpm

uim-module へ skk を登録

uim-module-manager --register skk

.xinputrcへfep設定

vim ~/.xinputrc

export GTK_IM_MODULE=uim
export XMODIFIERS=@im=uim 
uim-xim &

Centos7 の ロケール ( Locale ) を 日本語へ変更します

# localectl set-locale LANG=ja_JP.utf8
# localectl status
local      locale     localectl  localedef
[root@29232 ~]# localectl status System Locale: LANG=ja_JP.utf8 VC Keymap: jp106 X11 Layout: jp X11 Model: jp106 X11 Options: terminate:ctrl_alt_bks

再起動のため、reboot実行

再起動後、ターミナルで uim-fep を打つと日本語入力出来ます

uim-fep

参考

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です